大正富山医薬品株式会社

医療関係者向け情報

HOME >医療関係者向け情報トップ >ゾシントップ>知っ徳!納得!Dr.Pentの感染症ゼミ※一部(IE8以下など)ブラウザでは再生できません。
知っ徳!納得!Dr.Pentの感染症ゼミ
  • 第1回 今さら聞けないペニシリン系薬剤
  • 第2回 温故知新!ペニシリンの歴史
  • 第3回 ベントシリン静注用バッグを使って、作業効率UP!
  • 第4回 ベントシリンができるまで

Dr.Pentって? 当コンテンツの解説を担当するオリジナルキャラクター・大富編人(おおとみぺんと、通称Dr Pent)。1980年2月1日(ベントシリン発売日)富山県に生まれる。肺炎になった妹が薬で健康を取り戻したことから抗菌薬に興味を持ち、感染症専門医を志す。*このキャラクターは実在の人物とは関係ありません。

感染症の領域においても新規薬剤の研究・開発は活発に行われていますが、抗菌薬の適正使用が叫ばれる中、長年にわたり用いられてきたぺニシリン系薬剤の有用性、安全性が見直されています。

そこで、ぺニシリン系薬剤(ペントシリン)に焦点をあてたシリーズを企画し、その作用機序、ぺニシリンの歴史と呼吸器感染症治療における位置づけ、パッグ製剤の特性と多面的なメリット、ペントシリンの合成経路や製造環境・製造工程、PK-PD理論に基づいた投与法の考え方、症例情報から診断・治療を考えるケーススタデイといつた広範な内容をお届けすることにいたしました。

大正製薬グループ