ロコアテープ

効能・効果、用法・用量、禁忌等

詳細は添付文書をご参照ください。

効能・効果

変形性関節症における鎮痛・消炎

用法・用量

1日1回、患部に貼付する。同時に2枚を超えて貼付しないこと。

用法・用量に関連する使用上の注意

本剤2枚貼付時の全身曝露量がフルルビプロフェン経口剤の通常用量投与時と同程度に達することから、1日貼付枚数は2枚を超えないこと。本剤投与時は他の全身作用を期待する消炎鎮痛剤との併用は可能な限り避けることとし、やむを得ず併用する場合には、必要最小限の使用にとどめ、患者の状態に十分注意すること。

禁忌(次の患者には投与しないこと)

  1. 1.消化性潰瘍のある患者(ただし、「慎重投与」の項参照)[プロスタグランジン合成阻害作用による胃粘膜防御能の低下により、消化性潰瘍を悪化させるおそれがある。]
  2. 2.重篤な血液の異常のある患者[血液障害があらわれ、血液の異常を更に悪化させるおそれがある。]
  3. 3.重篤な肝障害のある患者[肝機能異常があらわれ、肝障害を更に悪化させるおそれがある。]
  4. 4.重篤な腎障害のある患者[プロスタグランジン合成阻害作用による腎血流量の低下等により、腎障害を更に悪化させるおそれがある。]
  5. 5.重篤な心機能不全のある患者[プロスタグランジン合成阻害作用による水・ナトリウム貯留が起こり、心機能不全が更に悪化するおそれがある。]
  6. 6.重篤な高血圧症のある患者[プロスタグランジン合成阻害作用による水・ナトリウム貯留が起こり、血圧を更に上昇させるおそれがある。]
  7. 7.本剤の成分又はフルルビプロフェンに対し過敏症の既往歴のある患者
  8. 8.アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[喘息発作を誘発するおそれがある。]
  9. 9.エノキサシン水和物、ロメフロキサシン、ノルフロキサシン、プルリフロキサシンを投与中の患者(「相互作用」の項参照)
  10. 10.妊娠後期の女性(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)

使用上の注意

  1. 慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
    1. (1)非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍のある患者で、本剤の長期投与が必要であり、かつミソプロストール等による治療が行われている患者[ミソプロストール等による治療に抵抗性を示す消化性潰瘍もあるので、本剤を継続投与する場合には、十分経過を観察し、慎重に投与すること。]
    2. (2)消化性潰瘍の既往歴のある患者[消化性潰瘍を再発させるおそれがある。]
    3. (3)血液の異常又はその既往歴のある患者[血液の異常を悪化又は再発させるおそれがある。]
    4. (4)出血傾向のある患者[血小板機能低下が起こり、出血傾向を助長するおそれがある。]
    5. (5)肝障害又はその既往歴のある患者[肝障害を悪化又は再発させるおそれがある。]
    6. (6)腎障害又はその既往歴のある患者あるいは腎血流量が低下している患者[腎障害を悪化又は再発あるいは誘発させるおそれがある。]
    7. (7)心機能異常のある患者[心機能異常を悪化させるおそれがある。]
    8. (8)高血圧症のある患者[血圧を上昇させるおそれがある。]
    9. (9)過敏症の既往歴のある患者
    10. (10)気管支喘息のある患者[気管支喘息患者の中にはアスピリン喘息患者も含まれており、それらの患者では喘息発作を誘発するおそれがある。]
    11. (11)高齢者(「重要な基本的注意」及び「高齢者への投与」の項参照)
    12. (12)潰瘍性大腸炎の患者[他の非ステロイド性消炎鎮痛剤で症状が悪化したとの報告がある。]
    13. (13)クローン病の患者[他の非ステロイド性消炎鎮痛剤で症状が悪化したとの報告がある。]
  2. 重要な基本的注意
    1. (1)過敏症状を予測するため十分な問診を行うこと。
    2. (2)消炎鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意すること。
    3. (3)長期投与する場合には次の事項を考慮すること。
      1. 1. 定期的に臨床検査(尿検査、血液検査及び肝機能検査等)を行うこと。また、異常が認められた場合には休薬等の適切な措置を講ずること。
      2. 2. 薬物療法以外の療法も考慮すること。
    4. (4)患者の状態を十分観察し、副作用の発現に留意すること。過度の体温下降、虚脱、四肢冷却等があらわれるおそれがあるので、特に高熱を伴う高齢者又は消耗性疾患の患者においては、投与後の患者の状態に十分注意すること。
    5. (5)フルルビプロフェン アキセチルで、エノキサシン水和物、ロメフロキサシン、ノルフロキサシンとの併用により、まれに痙攣があらわれるとの報告があるので、これらニューキノロン系抗菌剤との併用は避けること。また、他のニューキノロン系抗菌剤との併用は避けることが望ましい。
    6. (6)本剤の貼付により皮膚症状が発現した場合には、本剤を休薬又は本剤の使用を中止するなど、症状に応じて適切な処置を行うこと。
    7. (7)高齢者には副作用の発現に特に注意し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に投与すること。
  3. 相互作用

    エスフルルビプロフェンは、主として肝代謝酵素CYP2C9で代謝される。

    1. (1)併用禁忌(併用しないこと)
      薬剤名等臨床症状・措置方法機序・危険因子
      エノキサシン水和物

      ロメフロキサシン
      [ロメバクト]
      [バレオン]
      ノルフロキサシン
      [バクシダール]
      フルルビプロフェン アキセチルで併用により痙攣があらわれたとの報告がある。 ニューキノロン系抗菌剤のGABA阻害作用が併用により増強されるためと考えられる。
      プルリフロキサシン
      [スオード]
      併用により痙攣があらわれるおそれがある。
    2. (2)併用注意(併用に注意すること)
      薬剤名等臨床症状・措置方法機序・危険因子
      ニューキノロン系抗菌剤
      (ただし、エノキサシン水和物、ロメフロキサシン、ノルフロキサシン、プルリフロキサシンは併用禁忌)
      オフロキサシン等
      併用により痙攣があらわれるおそれがある。 ニューキノロン系抗菌剤のGABA阻害作用が併用により増強されるためと考えられる。
      クマリン系抗凝血剤
      ワルファリン
      クマリン系抗凝血剤(ワルファリン)の作用を増強するおそれがあるので、用量を調節するなど注意すること。 エスフルルビプロフェンがワルファリンの血漿蛋白結合と競合し、遊離型ワルファリンが増加するためと考えられる。
      メトトレキサート メトトレキサートの作用が増強され、中毒症状(貧血、血小板減少等)があらわれるおそれがあるので、用量を調節するなど注意すること。 エスフルルビプロフェンのプロスタグランジン合成阻害作用により腎血流が減少し、メトトレキサートの腎排泄が抑制されることにより、メトトレキサートの血中濃度が上昇すると考えられる。
      リチウム製剤
      炭酸リチウム
      リチウムの血中濃度が上昇し、リチウム中毒を呈するおそれがあるので、併用する場合にはリチウムの血中濃度をモニターするなど観察を十分に行い、慎重に投与すること。 エスフルルビプロフェンのプロスタグランジン合成阻害作用により、腎でのナトリウム排泄が減少してリチウムクリアランスを低下させ、リチウムの血中濃度が上昇すると考えられる。
      • チアジド系利尿薬
        ヒドロクロロチアジド等
      • ループ利尿薬
        フロセミド等
      これら利尿薬の作用を減弱するおそれがある。 エスフルルビプロフェンのプロスタグランジン合成阻害作用により、水・塩類の体内貯留が生じるためと考えられる。
      副腎皮質ホルモン剤
      メチルプレドニゾロン等
      相互に消化器系の副作用(消化性潰瘍、消化管出血等)が増強されるおそれがある。 両薬剤の消化器系の副作用が併用により増強されると考えられる。
      CYP2C9阻害作用を有する薬剤
      フルコナゾール等
      エスフルルビプロフェンの血中濃度が上昇するおそれがある。 代謝酵素(CYP2C9)の競合によりエスフルルビプロフェンの代謝が阻害されると考えられる。
  4. 副作用

    臨床試験において、総症例1,391例中、副作用が認められたのは269例(19.3%)415件で、主なものは、適用部位皮膚炎111例(8.0%)、適用部位紅斑44例(3.2%)、適用部位湿疹32例(2.3%)であった。

    1. (1)重大な副作用
      1. 1. ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、胸内苦悶、悪寒、冷汗、呼吸困難、四肢しびれ感、血圧低下、血管浮腫、蕁麻疹等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
      2. 2. 急性腎不全、ネフローゼ症候群:急性腎不全、ネフローゼ症候群(いずれも頻度不明)等の重篤な腎障害があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、乏尿、血尿、尿蛋白、BUN・血中クレアチニン上昇、高カリウム血症、低アルブミン血症等が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
      3. 3. 胃腸出血:胃腸出血(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
      4. 4. 再生不良性貧血:再生不良性貧血(頻度不明)があらわれるとの報告があるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
      5. 5. 喘息発作の誘発(アスピリン喘息):喘息発作(頻度不明)を誘発することがあるので、乾性ラ音、喘鳴、呼吸困難感等の初期症状が発現した場合は投与を中止すること。
      6. 6. 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis: TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson 症候群)、剥脱性皮膚炎:中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、剥脱性皮膚炎(いずれも頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
      7. 7. 意識障害、意識喪失を伴う痙攣:フルルビプロフェン アキセチルにおいて、意識障害、意識喪失を伴う痙攣(0.1%未満)があらわれるとの報告があるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
    2. (2)その他の副作用

      下記のような副作用があらわれた場合には、症状に応じて適切な処置を行うこと。

      5%以上1~5%未満1%未満頻度不明
      適用部位障害 皮膚炎 紅斑、そう痒感、湿疹、発疹 内出血、刺激感 浮腫
      神経系障害 浮動性めまい 頭痛
      胃腸障害 腹部不快感、胃炎、消化性潰瘍、腹痛、悪心、嘔吐、口内炎 便秘、下痢、食欲減退
      過敏症 発疹 血管浮腫(顔面、眼瞼等)、湿疹、紅斑、蕁麻疹、潮紅
      臨床検査 血中尿素増加 血中クレアチニン増加、AST(GOT)増加、ALT(GPT)増加、尿中血陽性、血中ビリルビン増加、血中乳酸脱水素酵素増加、尿中ブドウ糖陽性、尿中蛋白陽性 血圧上昇
      その他 動悸 末梢性浮腫
  5. 高齢者への投与

    高齢者では副作用があらわれやすいので、患者の状態を観察しながら慎重に投与すること。

  6. 妊婦、産婦、授乳婦等への投与
    1. (1)妊娠後期の女性には投与しないこと。[妊娠後期のラットに投与した実験において、ヒトに本剤2枚を貼付した場合に得られる血漿中曝露量(AUC)の等倍未満で、母動物の死亡、分娩遅延、出生率の低下、死産児数の増加が認められている。]
    2. (2)妊婦(妊娠後期以外)又は妊娠している可能性のある女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]
    3. (3)授乳中の女性に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行すること、及び、ヒトに本剤2枚を貼付した場合に得られる血漿中曝露量(AUC)の約3倍を示す母動物において出生児の体重増加抑制が認められている。]
    4. (4)他の非ステロイド性消炎鎮痛剤の外皮用剤を妊娠後期の女性に使用し、胎児動脈管収縮が起きたとの報告がある。
  7. 小児等への投与

    低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。[使用経験がない。]

  8. 適用上の注意
    1. (1)貼付部位:
      1. 1.損傷皮膚及び粘膜に使用しないこと。
      2. 2.湿疹又は発疹の部位に使用しないこと。
      3. 3.貼付部の皮膚の状態に注意しながら慎重に使用すること。
    2. (2)貼付時:本剤を剥離する際は皮膚の損傷を避けるため、ゆっくりと慎重に剥離すること。
  9. その他の注意

    非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間投与されている女性において、一時的な不妊が認められたとの報告がある。

    2017年2月改訂(第3版)

このサイトをご利用いただくための注意事項です。必ずお読みください。

このサイトは、国内の医師・歯科医師・薬剤師等の医療関係者を対象に、医療用医薬品や医療機器等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
医療用医薬品や医療機器は、患者さま独自の判断で使用(服用など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。使用(服用など)している医療用医薬品や医療機器について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ