ロコアテープ

薬効薬理

COX阻害作用(in vitro

エスフルルビプロフェンは、組換えヒトCOX-1およびCOX-2に対して阻害作用を示し、IC50値はそれぞれ8.97×10-9および2.94×10-9mol/Lでした。

【試験方法】 組換えヒトCOX-1またはCOX-2にエスフルルビプロフェン、ケトプロフェン、ロキソプロフェン活性代謝物のいずれかを加えて前処理し、基質として[14C]アラキドン酸を添加して反応させた後、未反応のアラキドン酸を除去し、反応液中の放射活性を測定した。

承認時評価資料(作用機序に関する検討)

Sugimoto M et al. Drug Dev Res. 2016; 77: 20-8

このサイトをご利用いただくための注意事項です。必ずお読みください。

このサイトは、国内の医師・歯科医師・薬剤師等の医療関係者を対象に、医療用医薬品や医療機器等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
医療用医薬品や医療機器は、患者さま独自の判断で使用(服用など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。使用(服用など)している医療用医薬品や医療機器について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ