ロコアテープ

副作用

臨床試験において、総症例1,391例中、副作用が認められたのは269例(19.3%)415件で、主なものは、適用部位皮膚炎111例(8.0%)、適用部位紅斑44例(3.2%)、適用部位湿疹32例(2.3%)でした(承認時)。

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー、急性腎不全、ネフローゼ症候群、胃腸出血、再生不良性貧血、喘息発作の誘発(アスピリン喘息)、中毒性表皮壊死融解症( Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、剥脱性皮膚炎(いずれも頻度不明)、フルルビプロフェン アキセチルにおいて意識障害、意識喪失を伴う痙攣(0.1%未満)が報告されています。

その他の副作用

5%以上1~5%未満1%未満頻度不明
適用部位障害 皮膚炎 紅斑、そう痒感、湿疹、発疹 内出血、刺激感 浮腫
神経系障害 浮動性めまい 頭痛
胃腸障害 腹部不快感、胃炎、消化性潰瘍、腹痛、悪心、嘔吐、口内炎 便秘、下痢、食欲減退
過敏症 発疹 血管浮腫(顔面、眼瞼等)、湿疹、紅斑、蕁麻疹、潮紅
臨床検査 血中尿素増加 血中クレアチニン増加、AST(GOT)増加、ALT(GPT)増加、尿中血陽性、血中ビリルビン増加、血中乳酸脱水素酵素増加、尿中ブドウ糖陽性、尿中蛋白陽性 血圧上昇
その他 動悸 末梢性浮腫

このサイトをご利用いただくための注意事項です。必ずお読みください。

このサイトは、国内の医師・歯科医師・薬剤師等の医療関係者を対象に、医療用医薬品や医療機器等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
医療用医薬品や医療機器は、患者さま独自の判断で使用(服用など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。使用(服用など)している医療用医薬品や医療機器について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ