このサイトをご利用いただくための注意事項です。必ずお読みください。

このサイトは、国内の医師・歯科医師・薬剤師等の医療関係者を対象に、
医療用医薬品や医療機器等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
医療用医薬品や医療機器は、患者さま独自の判断で使用(服用など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。
使用(服用など)している医療用医薬品や医療機器について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。


あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
大正富山医薬品株式会社

ゾシン

作用機序

作用機序

ピペラシリン(PIPC)はグラム陽性菌・グラム陰性菌に対し、細菌細胞壁の合成を阻害して溶菌させる。
PIPCは最小発育阻止濃度(MIC)又はそれに近い濃度で殺菌的に作用するが、細菌がβ-ラクタマーゼを産生すると分解され作用が低下する。これに対しタゾバクタム(TAZ)は細菌が産生するβ-ラクタマーゼと複合体を形成し、β-ラクタマーゼを不可逆的に不活性化させる。これによりPIPCはβ-ラクタマーゼによる分解を受けることなく、その作用点であるペニシリン結合蛋白(PBP)に到達し、β-ラクタマーゼ産生菌に対しても抗菌作用を発揮する。

TAZによるβ-ラクタマーゼ阻害の模式図

TAZによるβ-ラクタマーゼ阻害の模式図

このページのトップに戻る