このサイトをご利用いただくための注意事項です。必ずお読みください。

このサイトは、国内の医師・歯科医師・薬剤師等の医療関係者を対象に、
医療用医薬品や医療機器等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
医療用医薬品や医療機器は、患者さま独自の判断で使用(服用など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。
使用(服用など)している医療用医薬品や医療機器について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。


あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
大正富山医薬品株式会社

ゾシン

抗菌スペクトル

抗菌スペクトル(in vitro)

TAZ/PIPCは各種グラム陽性菌、グラム陰性菌、嫌気性菌に対して広い抗菌スペクトルを示した。

各種標準菌株に対する抗菌力(グラム陽性菌及びグラム陰性菌)

各種標準菌株に対する抗菌力(グラム陽性菌及びグラム陰性菌)

*:適応外菌種
接種菌量:10⁶ CFU/mL 測定法:寒天平板希釈法 培地:ミューラーヒントン寒天培地(MHA;Difco)
a)5%緬羊脱繊維血液加MHA
b)5%馬脱繊維血液加ブレインハートインフュージョン寒天培地(BHIA;栄研化学)
c)5%緬羊脱繊維血液加BHIA(栄研化学)

各種標準菌株に対する抗菌力(嫌気性菌)

各種標準菌株に対する抗菌力(嫌気性菌)

*:適応外菌種
接種菌量:10⁷~10⁸ CFU/mL 測定法:寒天平板希釈法 培地:変法GAM寒天培地(日水製薬)
〔方法〕日本化学療法学会標準法に準じた寒天平板希釈法で各薬剤のMICを測定した。設定濃度はCLSIの濃度設定基準(1μg/mL)を参考に設定した。

臨床分離株に対するMIC分布(in vitro)

臨床分離株において、TAZ/PIPCはグラム陽性菌、グラム陰性菌及び嫌気性菌に対して優れた抗菌力を示した。

臨床分離株に対する抗菌力

臨床分離株に対する抗菌力

接種菌液(好気性菌:約5×10⁴ CFU/well、B. fragilis group:約1×10⁵ CFU/well)
〔方法〕CLSI(2004年まではNCCLS)の方法に準じた微量液体希釈法で各薬剤のMICを測定した。

2009年度外科感染症分離菌の薬剤感受性調査結果

2009年度外科感染症分離菌の薬剤感受性調査結果

〔方法〕日本化学療法学会標準法に準じた微量液体希釈法で各薬剤のMICを測定した。

このページのトップに戻る